戻る

  1. TOP
  2. IR情報
  3. 中期経営計画(2019年度~2021年度)

中期経営計画(2019年度~2021年度)

当社は、2019年度から2021年度までの3年間を計画期間とする
中期経営計画を策定いたしました。

中期経営計画のスローガン

チャレンジ!創ろう!新しい『三井住友トラスト・パナソニックファイナンス』
~変化を怖れず挑戦し、新しい成長モデルを獲得する~

中期経営計画のテーマ

「変化を怖れず挑戦」「新しい成長モデルを獲得」

2018年度を最終年度とした中期経営計画の成果と課題を踏まえ、事業環境の変化に対応し、事業モデル転換の実現のために、2019年度からの3ヵ年を計画年度とする新たな中期経営計画を策定いたしました。
本中期経営計画では、リース業界が直面する課題への対処をすすめ、時代のニーズに応え持続的な収益基盤拡大を実現するために、従来手法や発想に捉われず、新たなやり方・考え方で変化を怖れず挑戦し、新たな成長モデルを獲得することにより、新しい三井住友トラスト・パナソニックファイナンスを創り上げるステージと位置づけています。

経営戦略

経営戦略において、以下の分野を中心に展開してまいります。

  1. 事業

    • 株主顧客基盤の更なる深耕と新たな収益基盤の創造
    • 新規事業、ノンアセットビジネスの事業領域拡大
  2. CS・D&I

    • お客さまの期待や信頼に応える商品・サービスの提供
    • 社員の多様性を尊重し「働きがい・やりがい」を感じる風土の醸成
    •    
  3. 生産性向上・業務効率化

    • RPA推進による高付加価値業務へのシフト
    • テレワークの拡大等による時間と場所の有効活用
    •    
  4. リスク管理・コンプライアンス

    • 多様化するリスクや将来の環境変化に対する適時・適切な対応
    • リスクガバナンス、コンプライアンス態勢の高度化

企業情報関連ページ一覧

お問い合わせ

TOP