戻る

  1. TOP
  2. 企業情報
  3. CSR

CSR

印刷する

CSR

Corporate Social Responsibility

三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社は、三井住友トラスト・グループの一員として、受託者精神に立脚した高い自己規律に基づく健全な経営を実践することは勿論、持続可能な社会の構築に積極的に貢献することが社会的責任であると考え、「三井住友トラスト・パナソニックファイナンスの社会的責任に関する基本方針(サステナビリティ方針)」のもと、社会とともに私たち自身の持続可能性を高め、企業価値の向上を目指します。

社会的責任に関する基本方針
(サステナビリティ方針)

  1. 1

    事業を通じた社会・環境問題の解決への貢献

    • 私たちは、グローバルな視点に立ち、本業を通じて社会・環境問題の解決に取組みます。
    • 私たちは、社会・環境問題の解決に向けて、信託銀行グループならではの多彩な機能を融合した新しいビジネスモデルや革新的な商品・サービスの開発に取組みます。
  2. 2

    お客さまへの誠実な対応

    • 私たちは、お客さまに商品・サービスの内容を十分にご理解いただけるよう、丁寧なご説明やご提案に努めるとともに、いただいたお客さまの声を迅速に業務改善や商品・サービス向上につなげます。
    • 私たちは、お客さまの情報について、万全の管理に努めます。
    • 私たちは、お客さまが主体的かつ合理的に金融商品を選択し健全な資産形成ができるよう、教育機関や行政、NPOなどとも連携しながら教育・啓発活動に取組みます。
  3. 3

    社会からの信頼の確立

    • 私たちは、あらゆる法令などやルールを厳格に遵守し、社会規範にもとることのない誠実かつ公正な企業活動を遂行します。
    • 私たちは、ステークホルダーとの健全かつ正常な関係を構築するとともに、公正な競争、企業情報の適切な開示など、社会の構成員としての責任を全うします。
    • 私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して毅然とした姿勢を貫き、また、組織的犯罪による金融機能の不正利用の防止に取組みます。
  4. 4

    環境問題への取組み

    • 私たちは、低炭素社会や生物多様性を育む自然共生社会、循環型社会の構築を目指し、さまざまなステークホルダーとの連携を図り、本業を通じてこれらを阻害する問題の解決に取組みます。
    • 私たちは、省エネルギー・省資源など、自らの企業活動によって生じる直接的な環境負荷の低減に取組みます。組織の力を発揮してまいります。
  5. 5

    個人の尊重

    • 私たちは、あらゆる企業活動において、個人の人権、多様な価値観を尊重し、不当な差別行為を排除します。私たちは、安全で快適な職場環境を実現するとともに、社員それぞれの多様な働き方を尊重し、ワーク・ライフ・バランスの実現に努めます。
    • 私たちは、社員の能力開発に取り組むとともに、心とからだの健康づくりに努めます。
  6. 6

    地域社会への参画・貢献

    • 私たちは、企業活動を行うあらゆる地域において、さまざまなパートナーと協力し合い、事業活動や教育・文化事業などの社会貢献活動を通じて、地域社会の活性化や豊かな生活環境づくりを目指します。

環境活動

三井住友トラスト・グループは、環境に配慮した活動を行っています。

1.フロン規制への対応

当社ではノンフロン冷媒などを使用する機器のリースに注力し、その普及拡大に貢献していきます。また、当社では、リース期間満了後のフロン使用機器からのフロン類の適正な回収と廃棄に努めています。

廃棄スキーム

主なノンフロン対応機器

2.気候変動対策への支援

三井住友トラスト・グループでは、気候変動問題への対応が持続可能な社会の構築にとって重要な課題と認識しており、気候変動問題の解決に資するソリューション事業を展開しています。当社では、公共施設や民間施設などにおける省エネ機器の導入や再生可能エネルギーの導入、徹底した省エネルギーの推進をリースやさまざまなファイナンスメニューでサポートしています。

3.パソコンのリユース・リサイクルの促進による廃棄物の削減(リデュース)

  1. リースにてお客さまが使用され不要となったパソコンは、全国各地より当社子会社である日本機械リース販売株式会社の2か所のリースアップセンター(東京・大阪)に集め、修復して再販売できるもの(リユース品)と、できないものに選別します。
  2. リユース可能なパソコンは、一切のデータを復元できないよう完全消去し、検査員が機能検査を一台ずつ丁寧に行い、動作可能な状態に修復して中古パソコンとして販売しています。
  3. 一方そのままでは再利用できないパソコンは、データ消去処理後、再利用可能なパーツの取り外し作業を行い、そのパーツを部品業者に販売しています。
  4. 残った再利用不可能なパーツのみを日本機械リース販売株式会社が提携している「産業廃棄物処理業者(有資格)」に依頼し適切に処理しています。

その他

屋根散水システムの採用による省エネルギー

日本機械リース販売株式会社では、江戸川区のリースアップセンターの屋根には、夏場、貯蔵した雨水を散水・循環させて屋内の熱環境を改善する、シンプルな「屋根散水システム」を導入し、省エネルギーに努めています。

適正廃棄

日本機械リース販売株式会社では、独自の行動基準(コンプライアンス行動基準)を定め、 廃棄物の処理および清掃に関する法律をはじめとする関連法規に則り、リース終了物件の適正廃棄を徹底しています。

エコキャップ運動

当社では、「エコキャップ運動」を行っています。
これはペットボトルのキャップを外して集めて再資源化することで"地球環境を改善する"そしてキャップの再資源化で得た売却益をもって"発展途上国の子どもたちにワクチンを贈る"という二つの社会貢献を目的として職員一人一人の協力により行っています。

三井住友トラスト・グループのCSR活動

三井住友トラスト・グループのCSR活動についてはこちらをご覧ください。

詳しくはこちら

三井住友トラスト・グループ各社ではさまざまなCSR活動を行っています。

詳しくはこちら

企業情報関連ページ一覧

お問い合わせ

TOP