効率的な企業運営を実現するキメ手。 リース

企業運営上、必要な設備の購入などは多額の費用が必要となってきます。リースを利用することで、その負担を分散できるなど多くのメリットがあります。ここではその6つのメリットについてご紹介します。

資金活用

資金の効率的運用ができます。

一度に多額の購入資金が不要です。リースなら月々一定のリース料のお支払いだけで済みますので、購入による資金の固定化を防ぎ運転資金を留保できると同時に、その資金を運用して利益を生み出すことができます。

経費処理

リース料は経費で処理できます。

月々のリース料は、税務上認められたリース期間であれば、全額経費として処理できます。また、機械設備等の実際の使用に応じた償却ができることになり、実質上、短期償却したのと同じことになります。

原価計算

原価意識の徹底が図れます。

機械設備等のコストは、リース料という形で明確に把握できますので、原価計算が簡素化できると同時に原価意識の徹底が図れます。また、リース料は通常月々一定の金額ですので資金計画がたてやすくなります。

100%融資

100%借り入れと同じ効果。

銀行から借入れると借入枠や担保提供のため100%の融資を得ることは困難です。リースなら銀行に対し借入枠を留保したまま購入と同じように機械設備等が使用できますので設備投資について実質上100%借入れた場合と同じことになります。

事務削減

事務の合理化が図れます。

機械設備等を購入した場合、資金調達、償却事務、諸税の申告・納付、保険の諸手続きなどいろいろなわずらわしい管理事務処理が発生します。リースならリース会社がこれらの事務一切をお引き受けいたしますので、事務の合理化・効率化が一段と促進できます。

陳腐化防止

陳腐化リスクを防止。

機械設備等は現在のように技術革新の激しい時代において、法定耐用年数と実質経済耐用年数とに格差があり、導入した設備が陳腐化する危険性があります。リース期間は一般的に法定耐用年数より短く設定できますので、常に最新鋭の機械設備等が使用でき、技術革新にも迅速に対応できます。

リースで取り扱っている商品

リースは、下記の10のカテゴリーの取扱品目があります。

OA機器
  • PC
  • サーバー
  • ワープロ
  • OA複合機器他
FA機器
  • 実装機
  • 産業用ロボット
  • レーザー加工機
  • 印刷機器・設備
  • 工作機械
  • 各種製造設備
  • CAD/CAMシステム他
大型コンピュータ
及び
精密機器
  • ホストコンピュータ
  • 通信制御装置
  • 各種端末機器他
通信・放送設備
  • アストロビジョン
  • ボタン電話・交換機
  • 無線機器及びシステム
  • CATV
  • LAN
  • 音響設備
  • 視聴覚教育システム他
医療健康用機器
  • CTスキャナー
  • 歯科用機器
  • 放射線治療機
  • 超音波診断装置
  • 各種測定器他
商業用設備
  • 自動販売機
  • ショーケース
  • POS
  • 娯楽設備
  • ホテル業用設備
  • 洗車機他
輸送用機器
  • 自動車
  • フォークリフト
  • 航空機
  • 船舶
  • 鉄道車輌
  • 産業車輌
  • 自動倉庫システム
  • 荷役機械他
事務用機器
  • 複写機
  • FAX
  • シュレッダー他
理化学機器
  • 電子計測器
  • 光学機械
  • 試験・分析機他
その他
  • 交通管制システム
  • 公害防止システム
  • 環境システム
  • 空調機器・設備他

ページトップへもどる

関連情報